Performers

​出演者

本多和宏監督の指揮のもと、毎年独創的な振付・アイディアで日本中の観客を魅了している。
練習環境は他校に比べ整ってはいないものの、毎年全国上位に食い込む実力を持つ。
個人選手には全国トップレベルの能力を持つ選手も。
実行委員長祝陽平がコーチ・振付師も担当する。

​名取高校

我が男子新体操部は昭和42年体操の同好会からスタートし、昭和57年に尾坂雄右(現総監督)の就任とともに創部されました。以来38年間で35回の団体全国優勝、17回の個人全国優勝という実績を誇る強豪校へと成長を遂げました。その基本理念は、あくまでも部活動にかける純粋な心を持ち続け、常に感謝を忘れず、耐えて練り上げる心の成長を追求することにあります。それは、平野昌宏(前総監督)の教えである「なんでも練習」「耐える心 強い気持ち」のもと形成された理念です。現在は荒川栄(二代目監督)が強化を図っております

​青森山田高校

大学新体操部に属さず、クラブチームで日本一を目指しながら、指導と経営を学び大学卒業後に青森を拠点とし、それぞれの地元男子新体操の普及に貢献して行くクラブ。

BLUE アスリート

東北でも数少ない新体操競技部のある大学として、少人数ながら全日本選手権入賞を目標に活動している。2004年からは、国際交流協定を結ぶベラルーシ共和国との交換研修会を実施しており、ホストタウンとしての関わりもある。恵まれた環境の中でチーム一丸となり日々練習に取り組んでいる

​仙台大学

日本初のプロスポーツ専属の男子チア
Bリーグ仙台89ERS所属
実行委員長祝陽平、副委員長佐藤理弘、そして名取高校男子新体操部のもう一つの顔。
2019年の鮮烈なデビュー以来、アニソン×男子新体操のキャッチーでハイブリットな男子チアでブースターを虜にしているとかいないとか。

​はっくるず

「子どもの元気が、日本を元気に!!」
という理念を掲げ2011年に活動開始。
活動を通じて子どもたちが自らを創造し、表現することの大切さや楽しさを学び、心の教育と身体能力の向上を軸とした人材育成を努めています。
その他、様々な大会等で実績を重ねるだけではなく、地元のイベントや発表会等に参加し、子どもたちの元気で地域活性化や地域貢献をすることにも力を注いでいます。

岩手支部や八戸支部を開講するなど、東北地方や全国にも活動を拡げるための普及活動にも力を入れています。

BLUE KIDS

名取高校出身、現在青森大学新体操部4年生の佐藤三兄弟(一卵性の三つ子)
長男綾人、次男颯人、三男嘉人
2018年度、2019年度と3人揃って全日本選手権に出場し、入賞するなど全国上位に食い込む実力を持っている。
大学卒業後は、三つ子を活かしたパフォーマンスをしていきたいと考えている

佐藤三兄弟 from 青森大学